SeQueue利用規約

第1条(規約の適用)

•	ElevenBack(以下「SeQueue運営事務局」といいます。)が提供するサービス「SeQueue」(以下「本サービス」といいます。)は、オンライン上で、請求書の起票、作成した請求書のメール送信、請求先である顧客情報の管理ができるウェブサービスです。この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、本サービスに関し、ユーザー(次条で定義します。)が遵守すべき事項及びユーザーとSeQueue運営事務局との関係を定めるものです。
• ユーザーは、本規約の内容を十分理解したうえで、その内容を遵守することに同意して本サービスを利用するものとし、本サービスを利用した場合には、本規約を遵守することに同意したものとみなします。

第2条(定義)

本規約で使用する用語の定義については、本規約の他の条項で定めるほか、次の各号に定める定義に従うものとします。
• 「ユーザー」とは、本規約に同意の上、本サービスアカウントを開設した者をいいます。
• 「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、意匠権、著作権(著作権法第29条及び第28条に定める権利を含みます。)、商標権その他の知的財産権に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益にかかる権利を意味します。

第3条(利用登録)

•	本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、所定の手続きを行い、本サービスの利用の申込みを行うものとします。
• 本サービスの申込みにあたっては、真実、正確かつ最新の情報(以下「登録情報」といいます。)をSeQueue運営事務局に提供するものとします。
• SeQueue運営事務局は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、当該登録を拒否することができるものとします。
• 本規約に過去に違反し、又は違反するおそれがあるとSeQueue運営事務局が判断した場合
• SeQueue運営事務局に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記、記載漏れがあった場合
• 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
• 所属する企業又は業界団体の内部規則等に違反し、当該企業、所轄監督庁又は業界団体から何らかの処分を受けたことがある場合
• 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同様とします。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っているとSeQueue運営事務局が判断した場合
• その他、SeQueue運営事務局が会員登録を適当でないと判断した場合
• ユーザーは、SeQueue運営事務局が付与するID、パスワード及び認証用データ等を適正に管理するものとし、当該情報が不正に利用された場合、SeQueue運営事務局は一切責任を負いません。
• SeQueue運営事務局は、アカウント、ユーザーから提供を受けた登録情報及び顧客情報をユーザーの本サービス利用停止後、削除することができるものとします。

第4条(登録情報の変更)

•	ユーザーは、登録情報に変更があった場合、第三者による不正利用があった場合には、速やかにSeQueue運営事務局所定の手続きによりSeQueue運営事務局に届け出るものとします。
• ユーザーが前項に基づく届出を怠ったことにより、不利益を被ったとしても、SeQueue運営事務局はその責任を負いません。

第5条(Cookie及びIPアドレス情報)

•	ユーザーは、次の各号に掲げる目的を達成するため、SeQueue運営事務局が本サービスのCookie等によりユーザーから取得したアクセスログ等(ドメイン名、IPアドレス、アクセス日時、閲覧したページのアドレス情報、行動履歴等。以下同じ。)を利用することに、承諾するものとします。
• 本サービスの提供のため
• ユーザーの動向の分析や本サービスの技術強化、新たな企画・開発、改良をするため
• マーケティング活動のため
• 広告宣伝物の配信のため

第6条(利用料金)

•	本サービスは試用版及びSeQueue運営事務局が特別に設定するユーザーを除き、原則として有償で提供されるものとします。ユーザーは、SeQueue運営事務局が別途定める契約期間(最低契約期間は1ヶ月とします。)に応じた利用料金を次項に従い支払うものとします。
• 利用料金の支払いはクレジットカード決済に限り受け付けるものとします。なお、初回利用時は本サービスの契約期間を当初1か月と指定しない限り、当月分と翌月分の2ヶ月分が引き落とされるものとし、利用開始月の翌月以降は毎月末日までに翌月分の利用料金が自動的に引き落とされるものとします。なお、クレジットカードの決済が失敗した場合、サービスの提供が停止される可能性があることにユーザーは同意するものとします。なお、その後一定期間支払いが確認されなかった場合にSeQueue運営事務局の判断によりアカウントが削除される可能性があります。
• SeQueue運営事務局は、ユーザーが契約期間中に本サービスを利用停止する場合には、契約期間に応じた利用料金を返還しないものとします。

第7条(本サービスの停止・中断)

•	SeQueue運営事務局は、以下の場合、予告なく本サービスを一時的に停止することができます。
• 天災事変、停電その他のSeQueue運営事務局の責に帰せざる事由により、本サービスに障害等が発生したとき
• 電気通信設備等の障害、停止、その他の事由によって本サービスに関するネットワーク運営に影響が生じたとき
• SeQueue運営事務局が設置する電気通信設備の障害等が生じたとき
• SeQueue運営事務局が定める本サービスプランの各上限に達したとき
• SeQueue運営事務局は、ネットワーク運営に影響を与える施設の電気通信設備の保守または工事が行われる場合、可能な限り事前にユーザーへ通知することにより本サービスを一時的に停止することができます。
• SeQueue運営事務局は、セキュリティやパフォーマンスの向上または監視に伴うメンテナンス作業のため、可能な限り事前に通知することにより本サービスを一時的に停止することができます。
• SeQueue運営事務局は、ユーザーが第3条第3項各号に該当した場合又は本規約に違反すると判断した場合には、事前の通知を要することなく、本サービスの利用を停止する措置を講じることができるものとします。
• SeQueue運営事務局は、理由の如何を問わず、前各項に定める利用停止によりユーザーに生じた損害から一切免責されるものとします。

第8条(権利帰属)

•	本サービスに関する知的財産権は、全てSeQueue運営事務局に帰属するものとし、ユーザーに対する登録の許可は、ユーザーに対して、本サービスの利用目的を超えて、本サービスに含まれる知的財産権の利用を許諾するものではありません。
• 本サービスに関する集計データ及びユーザーに関する集計データの利用等にかかる一切の権利は、SeQueue運営事務局に帰属するものとします。

第9条(秘密保持)

•	ユーザーは、SeQueue運営事務局の事前の書面による承諾なくして、本サービスを通じてSeQueue運営事務局から口頭、書面又は管理サイトを問わず開示されたSeQueue運営事務局の技術上、営業上又は業務上の一切の情報(アイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データなどを含み、以下「秘密情報」といいます。)を、本サービスの利用以外の目的に使用してはならず、また第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
• 前項の定めに関わらず、次の各号に定める事項は、秘密情報から除外します。
• SeQueue運営事務局から開示を受ける前に、ユーザーが正当に保有していたことを証明できる情報
• SeQueue運営事務局から開示を受ける前に、公知となっていた情報
• SeQueue運営事務局から開示を受けた後に、ユーザーの責に帰すべからざる事由により公知となった情報
• ユーザーが、正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報
• ユーザーが、開示された情報によらず独自に開発した情報
• ユーザーは、本条に定める他、SeQueue運営事務局とユーザーとの間で、秘密情報の保持に関し、何ら契約を締結しないことに同意するものとします。

第10条(禁止事項)

SeQueue運営事務局は、本サービスの利用において、ユーザーの次に定める行為を禁止します。
• 本規約に違反する行為
• SeQueue運営事務局又は第三者の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為
• 第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
• SeQueue運営事務局に対して、個人情報(個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、識別番号、記号、符号、画像、音声、その他の記述等により特定の個人を識別できる情報(当該情報だけでは識別ができない場合であっても、他の情報と容易に照合することができ、これにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。)を送信する行為。但し、本サービスの利用にあたり合理的に必要であると考えられる情報は除きます。
• 本サービス利用以外の目的で、不正にメールを送信する行為本サービスを利用して、不正または虚偽の帳票を起票する行為
• 本サービスの利用権限を、第三者に使用、貸与、売買、譲渡、名義変更する等の行為
• 猥褻・アダルト関連サービス、ギャンブル・賭博に関連するサービス(公営競技、公営くじまたは合法的な遊戯を除きます。)又は金銭詐取目的のサービス等、公序良俗に反する目的で本サービスを利用する行為
• 本サービスを個人、法人、商業、非商業を問わず再販または再配布、リバースエンジニアリング等をおこなう行為(但し、SeQueue運営事務局が書面又は電子的方法によって承諾をした場合にはこの限りではありません。)
• 本サービスの不具合を意図的に利用したり、本サービスを不正に操作したり、本サービスのサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為、その他SeQueue運営事務局による本サービスの運営又は他のユーザーによる本サービスの利用に支障を与える行為
• 犯罪的行為を助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現をする行為
• 公序良俗を害するおそれのある行為
• 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
• その他、SeQueue運営事務局が不適切と判断する行為

第11条(契約の終了)

ユーザーは、契約期間満了日の15日前までに、SeQueue運営事務局の定める方法により事前にその旨を通知するものとし、当該通知がないかぎり、契約期間は同一内容で更新されるものとします。なお、契約期間中の解約については第6条3項が適用されます。

第12条(解除等)

SeQueue運営事務局は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、何らの通知・催告をすることなく、本サービスの全部または一部を解除する等、SeQueue運営事務局が適切と判断する措置をとることができるものとします。
• 第3条第3項各号に該当した場合
• 本規約に違反した場合
• 登録情報、その他SeQueue運営事務局への届出内容に虚偽の記載があるとSeQueue運営事務局が判断した場合
• 所在が不明となった場合または連絡が不可能となった場合
• 正当な理由なく本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められる場合
• 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算申立、民事調停申立、あるいはこれらのための保全手続の申立がなされあるいは受けた場合
• 差押、仮差押、仮処分、強制執行または滞納処分等を受けた場合
• 自己振出の手形または小切手が不渡りとなった場合
• 監督官庁から営業の取消、停止等の処分を受けた場合
• SeQueue運営事務局に重大な損害を与えた場合またはそのおそれがある場合
• その他、信用状況が悪化しまたはそのおそれがあると認められる相当の事由がある場合

第13条(免責)

•	SeQueue運営事務局(およびSeQueue運営事務局と協働する第三者。以下本条において同じ。)は、本サービスの本サービス内のコンテンツ、特定の機能(メール送信機能を含みますが、これに限られません。)、その信頼性、利用可能性について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負わないものとします。
• SeQueue運営事務局は、本サービスにおいて、ユーザーを含む利用者並びに第三者間で生じたトラブル(違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等を含みますが、これらに限られません。)及び損害に関して、一切の責任を負わないものとします。
• SeQueue運営事務局は、ユーザーから提供を受けた登録情報、顧客情報その他一切のデータが消失しないことを保証しません。ユーザーは、自己の責任において、自らの登録情報、顧客情報その他のデータのバックアップを保存するものとします。
• SeQueue運営事務局は、本サービス提供のためのコンピューターシステム及びサーバーの障害等により生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
• SeQueue運営事務局は、ユーザーが使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
• SeQueue運営事務局は、本サービス及びユーザーを含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピュータウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
• SeQueue運営事務局は、本サービスを通じて行われたユーザーを含む第三者間の取引について、一切の責任を負わないものとし、全ての取引は当該第三者間の責任において行われるものとします。
• SeQueue運営事務局は、本サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、及び本サービスを通じて提供される情報等の消失、その他本サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

第14条(権利義務の譲渡禁止)

ユーザーは、SeQueue運営事務局の書面による事前の承諾なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡若しくは担保提供し、又は引受けさせる等の処分を行ってはならないものとします。

第15条(損害賠償)

ユーザーは、本規約の各条項のいずれかに違反し、または履行を怠り、自己の責に帰すべき事由によりSeQueue運営事務局に損害を与えた場合には、本サービスの解除の有無にかかわらず、SeQueue運営事務局が被った損害を賠償しなければならないものとします。

第16条(本規約の改訂)

本規約は、SeQueue運営事務局の判断により事前の予告なく変更・追加・削除されることがあります。ユーザーは、本規約変更後に本サービスを利用した場合には、変更された本規約の内容に同意したものとみなします。

第17条(協議)

ユーザー及びSeQueue運営事務局は、本規約に定めのない事項または本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合には、誠実に協議を行い、速やかに解決を図るものとします。

第18条(準拠法・管轄裁判所)

    本規約は、日本法に準じて解釈されるものとし、本規約及び本サービスに起因又は関連して発生する一切の紛争については、東京地方裁判所もしくは東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。